見〜つけた!


山川のにんく1 山川のにんく2   

山川の道の駅でみつけた地元の”にんにく”

山川のにんく3

170℃から180℃で表面の皮がきつね色になるまで”丸ごと揚げる”
お塩でいただくとホクホク!甘い!新鮮だからこその味わいでした。



同じく道の駅の”かつおぶし”
昔から鹿児島に伝わる”茶ぶし”をつくることにしました。

かつおぶし かつおぶし

〜茶ぶしの作り方〜
ヽ鐇瓠碧楔論瓠烹隠娃腓鬚湯のみに入れます
△澆修鬘隠娃臚れます
Gい湯またはお茶を注ぎよく混ぜます
す錣鵑瀬優を入れて出来上がり!

茶ぶしの作り方

本枯れ節は、麹菌類の発酵を利用したものです。酒やお味噌と同じような発酵食品。
コクがあって香りもよくて、元気になる古くから飲まれてきた鹿児島ならではの飲み物です。



ぶどうのくまさんといちごのうさぎちゃん

”ぶどうのくまさん”といちごのうさぎちゃん”
鹿児島のアイスを温泉で見つけました!



金峰コシヒカリ

南さつま市金峰の道の駅周辺は、”金峰コシヒカリ”の早苗が一面に広がり、
夏の収穫に向けて順調に育っています。

加世田の砂丘らっきょう 吹上のアスパラ

加世田の”砂丘らっきょう”吹上の”アスパラ”は道の駅のおススメです。 



砂の祭典招待作家

南さつま市では、5月2日から13日まで今年、25回目を迎える”2012砂の祭典”が
行なわれています。
中国・イタリア・オランダ・アメリカの砂像の招待作家の4人です。

私のおススメは、夜8:00からの”音と光のファンタジー”
砂像が音楽とライトによって幻想的に浮かび上がります!
砂像近くの松の木の借景と、心地よい風に癒されますよ。
大型連休中のナイス!デートコースだと思います。是非出かけてみて下さい! 



加世田常潤高校の生徒さん

砂の祭典では、地元のおいしいものもたくさ〜んありますが、
加世田常潤高校の生徒さんが育てた野菜や花もおススメ!
私は毎年鉢花(インパチェンス)を買っています。
自宅で長いこと楽しめて、高校生の大切に育てた気持ちが伝わる花たちです。



砂の祭典記念切手

砂の祭典25回目ということで”記念切手”も発売。
去年の作品の写真が載った記念切手は1100部の限定、会場で買えますよ。

かごしまの食案内

車を走らせていると、偶然出会った霧島市福山の”鮮魚祭り”
何やら地元の人が続々と港に集まっているので近づいてみると・・・
漁師グループが漁港にあがったばかりの魚を販売していました!
買い物客は、お目当ての魚の前に並び、
午後3時、鐘の音とともに一斉に販売開始!!
私は”赤えび”と”カタクチ鰯”を買いました。
 
赤えびは刺身に!甘くて粘りがありました〜

刺身にすると、頭の部分と殻が出ます。
そこで・・・・

頭は焼いてお塩でいただきます。
(お寿司屋さんでこのように頂いたのでマネてみました)
香ばしくなっておいしいです。
”殻”は、味噌汁の出汁に使いました。
 
カタクチ鰯は、刺身と煮付けに。

魚に弱いと書くだけあって、鮮度が大事!サッと料理してサッといただく魚がカタクチ鰯だと改めて感じました〜

刺身は、手でお腹を割いて骨をとります。
煮付けは、
‐潴・黒糖・酒に生姜と梅干を入れて、沸騰させます。
鰯を入れます。
弱火でコトコト   出来上がり!
※ポイントは梅干を入れると(程よい塩加減と臭み防止)で
おいしく出来上がると思います※

残りのカタクチ鰯は”アンチョビ”に挑戦してみようかな・・・と考えています。
  
”せんもとぐるぐる”も作りました。
お湯をくぐらせ、葉の部分を巻いて酢味噌で食べます!

★カタクチ鰯が新鮮なうちに”アンチョビ”を作りたくて・・・

‘とワタを取り、容器に入れて塩蔵する。
▲リーブオイルと唐辛子・ローリエの葉(二枚)を加える。
N簑庫で保存。

このまましばらく置いて、アンチョビパスタを作ってみます!

鹿児島のお土産に・・・


霧島緑茶のペットボトルです!
霧島のお水かな・・・と手にとると、”霧島産の水&茶葉”
左の状態で売っています。キャップを回すと・・・右側の色に!
お茶独特の甘くて渋みのあるペットボトルです。
茶葉が粉末になっていて、”茶葉を食べる感覚”です。
霧島でお茶作りに色んなアイディアを出してがんばっている
ヘンタさんならではのヒット商品だと思います。
ボトルの形も持ちやすくてかわいらしいですよね・・・
鹿児島のお土産にいかが?
 
”黒酢””味噌””甘〜い醤油”など
鹿児島ならでの調味料をお土産にしてみては?
わたし、料理の基本の”お出汁”には、こだわっています!
寝る前にお鍋に昆布を入れて一晩置いてから、朝”鰹節”を入れて
出汁をとりますが、
この”出汁急須”があれば、鰹節&昆布を入れて、
90度のお湯を注いで数分待ちます。
なかなかいい出汁が出るんです!!
料理人が開発した有田焼です・・・
このお土産は”九州のお土産”ですね。
鹿児島と佐賀の融合で美味しい出汁を作ってみてくださ〜い。

たくさん出汁がとれたら、冷凍庫へ・・・
忙しい時でも、すぐに解凍して使えます!
(お味噌汁・おすまし・お好み焼き・カレーなど)

”かるかん””ふくれ菓子”など鹿児島のおいしいお菓子とともに
この黒糖メレンゲおいしいですよ!!
”奄美大島の黒糖&喜界島の白ゴマ”
口の中に入れると噛む前に溶ける感じ・・・
喜界島の白ゴマは貴重です。香りが違います!!
このお菓子の形は
ゴツゴツした”サンゴ礁”をしているこだわり!



地産池消の食卓で夏を乗り切ろう


”甑島のきびなご”でぺペロンチーノ!
きびなごはオイルに漬け込んであり、そのオイルも使えるから便利です。
にんにくと鷹の爪を炒めて香りを出したら、きびなごをオイルごと入れます。
キャベツも入れてみました。
 
”東市来のちりめん”
これは”かえり”と呼ばれる少し大きめのちりめんです。
大根おろしと和えただけ。海の香りがする朝食になりました。

”種子島のナガラメ”のお刺身!
8月の夏はナガラメが旬です。仕事で行った種子島から活きたままを買って
お刺身に・・・・ちょっとかわいそうなのですが、
ナイフで身を取り出し、小さく切ります。
殻を器にしてワサビ醤油でいただきました。コリコリ!でもやわらか〜い!!
甘味噌を付けて殻ごと焼く”ナガラメの味噌焼き”もおススメです。
スタッフは、バターで焼いて塩・胡椒にお醤油をたらりとかけて食べたそうです!

”種子島の水いかDEフリッター”
水イカは、1キロからかなり大きいものまで冷凍でお土産として売っています。
卵白を泡立ててた衣で揚げると、サクサクッと揚がります!
お塩をつけてよ〜く冷えた白ワインといただきます。
(揚げ物には、雪塩というパウダー塩が合います)
 
ヘチマの味噌炒め”
ナス味噌もこの時期ならではですが、幼い頃から食べていた”ヘチマ”
鹿児島黒豚と豆腐で作れば夏バテ防止に!
刻み生姜を入れて炒め、仕上げに白ネギを乗せるのが私流です。
粗糖や黒糖で味付ければ鹿児島の味に仕上がります。

そろそろ暑さ疲れが出る頃・・・
おいしく鹿児島を食べて夏を乗り切りましょうね・・・

霧島のおススメ  ”蒸す”

 
震災と新燃岳の活動の影響で観光客が激減している霧島で、
ホテル・旅館など観光関係者のみなさんは、
補修工事や日頃の業務の見直しなどしながら、お客様を待っています。
わたしも”おもてなしの気持ち”を考える研修会に出かけてきました。
話を伺うと、客足が鈍る中にも、いつでも万全の体制でお客様をお迎えしようと懸命な対応がみえました。
今ちょうど霧島は桜の見ごろを迎え春の風が気持ちいい季節です。
私のお気に入りを紹介します。
 
霧島最古の岩風呂は遊歩道の中に・・
岩の間から熱い温泉が流れでています。
車をとめて足湯として立ち寄る所です。
新緑と木漏れ日が気持ちいいです!
 
温泉の原点はこの”蒸し湯”。
霧島国際ホテルの蒸し湯はじっくりを汗をかくのでサウナは苦手・・・と
いう方にもおススメですよ!
 
”WAIWAIアトリエ”は地元の野菜をふんだんに使った旬のランチが楽しめます。ビュッフェスタイルで、好きな料理を好きなだけいただけます。
ドレッシングや調味料も手作り。
地元の主婦のみなさんが愛情たっぷりに作っていらっしゃいます。
カジュアルに鹿児島を味わえる所です!ランチの後は大満足!!

スパヒルズの”温泉蒸し卵”はモカ色。
温泉の成分がじわっとしみこんでいてこんな色に・・・
やわらかい蒸し卵です。
一個100円。お塩もサービスしてくださいます。
  
”摘み草の宿こまつ”の鹿児島づくしのお部屋がおススメです。
県産材の竹を使ったお部屋に、蒲生和紙、大島紬をデザインに入れたベッドルーム
内湯と露天風呂が各部屋に付いています。
おなか一杯になるお食事は、女将が選んだ器に、ご主人と息子さんが
体に優しい上品な和食を作られます。
運ばれてくるお料理が楽しみなお宿です。

”温泉市場”も立ち寄ってほしい場所です。
手作り野菜ポッキーや温かいさつまいもプリン(天空の森)もおススメ。
温めることで、さつまいもの甘みが増します〜
”あたたかいプリン”食べてみてくださ〜い!



<< | 2/7PAGES | >>