開花前の花見

春の日永…鹿児島市立美術館で開催中の「生誕220年広重展」にスタッフとともに出かけました。

「東海道五拾三次」をゆったりと見入り、その繊細な描写に感激しました。

街道風景や江戸の文化、桜や雪、松や橋など季節感と暮らしが語りかけるような風景と人物に幸せな休日の

午後を過ごすことができました。GWいっぱい開催されていますので、風景絵師 歌川広重の世界150点を

ぜひお楽しみ下さ〜い!

鑑賞後…

季節は本格的な狃”。ソメイヨシノの開花を待ちきれず満開の山桜でお花見です。

手巻き寿司に大好きな鶏、サラダ…と桜の木の下で、こちらの「黄金柑(おうごんかん)」を味わいました。

明治時代に鹿児島で食べられていたようで、贈答用として一般的ですが、酸味控えめで、さわやかな香、

食べやすい高級みかんです。1個づつ和紙にくるまれた日頃食べられない貴重なみかんだけに贅沢な

牴峺のデザート”として味わいました。

こちらは、コーヒーとともに味わったモロゾフの犧島クーヘン”。奥に見えているのが桜島。桜島を眺めながら

頂きました。メープル、プリンクグロフ、フレンチトースト味がありますよ。

 

本格的なお花見シーズンは、これから…みなさんは、どなたとどのようなお花見のひとときを過ごされますか?