美味しかったです!

鹿児島黒毛和牛のヒレ肉を花オクラに包んで頂きました。
この季節ならではのオクラの黄色い花は、サラダにもお刺身のつまとしても重宝します。

 

最近よく見かける可愛らしいデザインの日本酒のラベル。
憂鬱になる雨が多いこの季節に、一足早い夏を予感させるラベルに惹かれて、勿論、冷酒で頂きました。

  

おなじみのモエ・エ・シャンドンから、氷を浮かべて楽しむ夏限定の”アイスアンペリアル”です。
マンゴーのような夏のフルーツの香りと、ふくよかな感じのこのシャンパン。
フルートグラスに氷を浮かべて頂きました。
へぇ〜という感じですが、大人の夏を楽しむモエの発想に感激です!
海や山で氷を入れて飲みたくなる限定シャンパンですね。

 

言葉で伝える力をテーマに授業をした中学校で、お土産に頂いた学校農園のじゃがいも。
メッセージも添えられていて、肉じゃがにして美味しく頂きました。

  

3月3日ひなまつり

 

3月3日のひなまつり。

サロンではお内裏様とお雛様の雛菓子を準備しました。

加賀の棒茶と一緒に。

   

サロンの花瓶には、早春に甘い香りを漂わせるフリージアが咲き始めました。

色によって花言葉は違うようで、黄色は”無邪気”赤色は”純潔”だそうです。

事務所のお昼ご飯です!

指宿産のウルメイワシが手に入りました。

つみれ汁にすることに・・・

  

<作り方>

ゝの頭を手で割き、内臓を洗い流します。

∋伊腓ろしにした後、皮を剥ぎます。

5をフードプロセッサーまたは包丁で細かくします。

い垢蠖箸法∪胡・酒・薄口醤油・砂糖を入れて、食べやすい大きさに丸めます。

コ錣世靴貿口醤油とみりんを入れ、つみれを煮立たせます。

仕上げに三つ葉を入れて、出来上がり!

では、お仕事に行って来ます。

 

 


 



 
 


新玉ねぎのスープ

 ”お稽古の傍に鹿児島を”

今日のレッスのお供は、頂いた旬の新玉ねぎのスープです。

新玉ねぎスープ

ブイヨンスープの中に、丸くスライスした新玉ねぎと輪切りのウインナーを入れて、塩・ブラックペッパーで味付れば完成!

最後に、みつばや香味野菜を浮かべて、アツアツで頂くおやつスープです。

新玉ねぎ

頴娃産の新玉ねぎを頂き、スープの提案もして頂いたので、早速作ってみました。

忙しい朝やチョットお腹が空いた時に、簡単に作れますよ!



地産地消の食卓〜長島の赤土バレイショ〜

 長島の赤土の段々畑では、ばれいしょの収穫が行われています!
まーるくて元気なジャガイモです。
何を作ろうかな?
やはり”煮つけ”と、スペイン料理の”アヒージョ”を作る事にしました。
”アヒージョ”はニンニクの風味を移して、オリーブオイルで煮込んだ料理で、
エビとかタコなどを使いますが、今日は冷蔵庫にあった鮭にしました。
バルでは、スペインのカスエラという陶器で頂きますね。
長島はタコもおいしいので、”タコとじゃがいものアヒージョ”なら”よりナガシマ”ですね!
”新じゃが煮つけ”
,犬磴いも・厚揚げ・玉ねぎにかつお出汁(水)と濃口しょうゆ・黒砂糖を入れてコトコト
”鮭とジャガイモのアヒージョ”
.リーブオイルとニンニクで香りをつける
塩をふった鮭としいたけ、銀杏切のじゃがいも・唐辛子を別な鍋で炒める
たっぷりのオリーブオイル(常温)の中に△鯑れてアツアツにしていただく。

調味料も地産です!長島で出来た濃口醤油で煮つけは作りました!

長島町立鷹巣小学校のとても明るい児童のみなさんと
地域のみなさんと”聞く力・話す力・伝え合う力”で講演をしました。
なんと、お土産に新ばれいしょをたーくさん頂きました!!
笑いの絶えなかった授業を思い出しながらお料理しました。
鷹巣のみなさん、お世話になり、ありがとうございました!!

大好きな時間


 愉しみ方その1
”本格焼酎原料当てクイズ”
「芋」「黒糖」「麦」「米」「日本酒」を利き酒してから飲み会がスタート!
芋と黒糖と日本酒の違いは分かりやすいのですが、麦と米は難しいです↘

愉しみ方その2
1日の終わりの一杯は”モルト”
丸い氷がゆっくり溶ける時間にあわせていただきます!

モルト
愉しみ方その3
今のお気に入りのグラスです。
カットが美しいバカラから、シンプルなワイングラスが出ました〜
白もロゼも赤もいただける使いやすいワイングラスです。
バカラと思って持つと軽いですよ!
バカラグラス
愉しみ方4
ながーい年月を経たワインをホームパーティーで!
一番古いのは、私は仕事を始めた23年前の白ワイン!
自宅で眠っていたワインを友人が持ってきて開けてみました。
ピーロートワイン
ピーロトワイン両グラスとも”白ワイン”なんです!(左が16年前 右が23年前)ひえ〜と驚きました!まるで赤ワインでしょ!!
樽の香りがして甘みの強い貴腐ワインのようでした。


| 1/5PAGES | >>