MC in HongKong

香港のEGLTours Happy33Anniversaryが香港のコンベンションセンターグランドホールで5月末開催されました。

ありがたく司会の大役を仰せつかりました。

在香港日本国総領事館大使兼総領事をはじめ、日本全国からホテルや航空など観光業界800名と世界から1200名、合わせて2000名が集い、EGLToursの33周年をお祝いしました。

 

まずは、前夜祭。

日本人を対象にEGLToursの社長袁文英さん主催で行われました。

袁さんは、国際的経営者として日本から高く評価され、昨年秋の叙勲『旭日双光章』を受章。

いつも『旅のおもてなし』を大事にされています。

 

午後3時38分〜午後10時38分までの7時間、ドレスコード『HappyColourful』に身を包んでフルコースを頂きながらステージでは様々なパフォーマンスが繰り広げられました。

今回ステージに立つのは、EGLToursPoloさんと香港のTV番組で活躍する森美(サミ)さんと3人です。33周年ということで全国のゆるキャラ33も集結。香港でも大人気です。

 

サプライズが大好きな袁さん。

「インビテーションカードが届いた時からパーティーは始まっている……」

招待された2000名は心躍る中、世界各地から香港へ集いました!

30周年の時は、一人一人のアミューズのお皿の中に名前入りの今治タオルがプレゼント。

今回は、名前入りのグラスが2000名全員にプレゼントされました。

 

平成28年鹿児島への香港からのお客様は12万人。

昨年平成30年は20万人に増えました。

香港⇔鹿児島の直行便は12便、8月からは13便就航。

インバウンドの立役者袁さんへの感謝の気持ちを込めて、マイクを持てたこと、とても幸せに思います。多謝!

 


『曲水の宴』開催

春の恒例『仙巌園曲水の宴』が開催されました。

ソメイヨシノや石楠花が咲き誇り、新緑が目に眩しい中、穏やかな日和となりました。

25回を迎える今回は『島津義弘公没後400年』ということで、和歌を詠む『参宴者』にはゆかりの方々が出席されました。

日本に現存する最も古いこちらの『曲水の庭』は見事に整えられました。

此方は最初に流す中国古来の『耳杯(じはい)』。

両側に耳が付いているので、上手に浮いて流れていきます。

この水鳥型は、京都御所に伝えられたものをモデルに作られた日本独特の『羽しょう』。

杯が流れてくるまでに和歌を詠み、短冊にしたためます。

課題は『光』です。

男性は直垂、女性は小袖五衣。武家の正装でのぞみます。

参宴者の歌を披露する『披講者』は公家の準正装衣冠。古式に則り霞会館披講会 会長が行いました。

静寂な雰囲気の中、雅楽の演奏が流れ、穏やかに歌会は行われました…。


迎春

明けましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりありがとうございました。

多くの皆様に支えて頂き、心から感謝致します。どうぞ本年も宜しくお願い致します。

さて、今年はアナウンサー30年の節目を迎えます。

初心にかえり、あらためて、丁寧なアナウンスを心がけ務めていきたいと思っています。お力添えをどうぞ宜しくお願い致します。

皆様にとっても良い一年になりますように…。

                            2019年1月 中村朋美


いよいよ明日『明治150年記念式典』

『明治150年記念式典』が明日3000人以上が出席し、秋篠宮同妃両殿下のご臨席いただき、県体育館で行われます。

音響、照明、演出も含めて出演者のリハーサルが行われました。

本番さながらの緊張感のある中のリハーサルは、明日の盛会を予感させます。


曲水の宴

今年も春恒例の『曲水の宴』が鹿児島市の仙巌園で行われました。

盃が流れてくるまでに和歌を詠む雅やかな催しです。

古式ゆかしく穏やかな日和の中でいい時間を過ごせました。

20年近く進行役を仰せつかっています。

『明治維新150年』ということで、徳川家、島津家、英国など豪華な顔触れの詠み手が、『語』をお題に短冊に和歌をしたためます。

仙巌園の曲水の庭は、もともと梅林に埋もれていたので当時の形で残っていて、造園、歴史上にも価値の高いお庭だそうです。

スタッフが石一つ一つを磨いて、きれいな水が流れるよう気を配っていらっしゃいました。

鶯がさえずり、石楠花が見頃を迎える中、祖母から譲り受けた松毬の紋様の着物に身を包み、久しぶりに心穏やかな気持ちで過ごさせていただきました。


| 1/21PAGES | >>