『曲水の宴』開催

春の恒例『仙巌園曲水の宴』が開催されました。

ソメイヨシノや石楠花が咲き誇り、新緑が目に眩しい中、穏やかな日和となりました。

25回を迎える今回は『島津義弘公没後400年』ということで、和歌を詠む『参宴者』にはゆかりの方々が出席されました。

日本に現存する最も古いこちらの『曲水の庭』は見事に整えられました。

此方は最初に流す中国古来の『耳杯(じはい)』。

両側に耳が付いているので、上手に浮いて流れていきます。

この水鳥型は、京都御所に伝えられたものをモデルに作られた日本独特の『羽しょう』。

杯が流れてくるまでに和歌を詠み、短冊にしたためます。

課題は『光』です。

男性は直垂、女性は小袖五衣。武家の正装でのぞみます。

参宴者の歌を披露する『披講者』は公家の準正装衣冠。古式に則り霞会館披講会 会長が行いました。

静寂な雰囲気の中、雅楽の演奏が流れ、穏やかに歌会は行われました…。


待ちわびて…

寒の戻りに加え、休眠打破が進まなかったからでしょうか…。

なかなか開いてくれない今年のソメイヨシノ。

そんな中、やっと『枝見』から『花見』実行!

桜の木の下で頂く桜餅&ほうじ茶ラテ。

スタッフとの楽しいひとときでした。

新年度始動。

1日でもながく散らずにと願い、見上げながら、さぁ仕事します!


新春蕎麦会

山梨の長坂『翁』(おきな)の代表 大橋さんが鹿児島へ来られての『新春蕎麦会』に参加致しました。

開催は、鹿児島市の手打蕎麦『万謝』です。

自家製粉のもりそば「ざる」と「田舎」の2種類を打って下さいました。

その日の気温や湿度によって微妙な調整をしながら、そば粉は巻き棒・のし棒によって伸ばされていきます。

寄せ木まな板上で切った「更科」と少し太めの「田舎」は、香りと喉ごしが違います。

どちらも美味しい!食べ比べをさせて頂きました。

大好きな日本酒によく合います!

早くも白梅ほころぶ季節に…。

今年も、細く、長〜く、おそばにいられますように…。

楽しい新春蕎麦女子会でした(^.^)


迎春

明けましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりありがとうございました。

多くの皆様に支えて頂き、心から感謝致します。どうぞ本年も宜しくお願い致します。

さて、今年はアナウンサー30年の節目を迎えます。

初心にかえり、あらためて、丁寧なアナウンスを心がけ務めていきたいと思っています。お力添えをどうぞ宜しくお願い致します。

皆様にとっても良い一年になりますように…。

                            2019年1月 中村朋美


最近癒されています…

かなりのご無沙汰です。

県内各地で良い物を沢山紹介して頂き、ブログにUPしたいと思いながらの今日です…

贈り物で頂いた"苔玉のシクラメン"

苔玉って癒されます。

事務所のテーブルに置いています。

大好きな"物産館巡り"で思わず買った赤唐辛子。

台所近くにぶら下げてお料理に大活躍!

束ねた唐辛子をブーケのように包み込んであり、贈り物にもなりそうなアイディアに感激して購入しました。

1本ずつ“ペペロンチーノ”に使っています!

屋久杉の幹から抽出したオイルです。

アロマで楽しむと事務所内がまるで森の中を思わせる優しい香りです。

"THE 木!"という感じで、いまお気に入り!

 


| 1/62PAGES | >>